景気が悪くて、全く貯蓄がたまりませんよね。わかります。副業でもして、ちょっとでも収入を増やしたい方も多いのではないでしょうか。
そこで、ネットせどりというものをおすすめします。

せどりとはなにか? と言いますと、要するに安く仕入れて、高く売るというビジネスです。昔は、ブックオフなどで中古の本を安く売られているのを探して、別の店で高く売るようなことをしていました。
その際、背表紙を見て本を選ぶことから、背どり、なんて呼ばれるようになったとか。

さて、ネットでのせどりというのは、どうやって行い、どのような成果が出るのか?
せどりは本に限らず、ゲームやおもちゃなど、商品はなんでもアリです。とにかく、インターネットでは色々なものの中古商品が売られていますよね。
それを安く買い、高く売ります。

メルカリやヤフーオークションなど、中古品販売のサイトは数多く思い浮かびますよね。さらに、ブックオフなど実店舗での売り買いも想定できます。
安く仕入れ、高く売ることの選択肢はとても多くなっているのではないでしょうか。

さて、仕入れる場所はメルカリなどがあげられます。
メルカリは、売る側の知識が乏しく、相場よりもずっと安い金額で売られる商品があることをご存知でしょうか。
もちろん、知識がないゆえに、相場よりもとても高い値段で売っている方もいらっしゃいますが、相場感覚には敏感になりましょう。
せどりをする際に、相場を調べる、相場の感覚を身につけるというのはとても大事です。

また、商品のジャンルによっても儲けられる額は違います。
例えば書籍では、新品であれば1000~2000円。その買取となるととてもコンディションの良いもので750円程度でしょうか。

しかし、ゲームソフトになると新品は7000~9000円です。
コンディションの良いものでは、5000円くらいの買取を望むことができるかもしれませんね。

このように、扱う商品のジャンルは絞った方が良いかもしれません。その方がより、鋭い相場感覚が鍛えられますし、その分野に熟知していると、「これは安い!」と反射的に安く仕入れることができ、ライバルよりも早い購入ができます。

いま、副業はとても人気のある分野で、競争が激しいのが事実です。
もしかしたら、一分注文が遅れただけでライバルが先にポチってしまうこともあるかもしれません。そのために、自分の得意分野を作り、精鋭化することが大事なのは現実の仕事と一緒かもしれませんね。